老舗「吉宗(よっそう)」で茶碗蒸し – 長崎旅行2013年GW⑧

  • 2013/7/8
  • 老舗「吉宗(よっそう)」で茶碗蒸し – 長崎旅行2013年GW⑧ はコメントを受け付けていません。

出島を出ると、もうお昼です。またまた市電に乗り、「正覚寺下」行きの「観光通り」で降りて、アーケードの商店街を少し行くと、長崎の老舗「吉宗」に到着です。「よっそう」と読むそうです。友人に長崎で茶碗蒸しを食べたと言ったら、「ああ吉宗(よっそう)ね」と。有名なんです。

茶碗蒸しと蒸し寿司、角煮がセットになった「吉宗定食」2100円を注文

110

 

111

茶碗蒸し、たっぷり。やさしい出汁の味がおいしかったです。なるとやお麩、えびや鶏肉が入っていました。

 

112

蒸し寿司。ほんのり暖かい程度です。でんぶとお魚のそぼろ、錦糸卵。ご飯はかんぴょうの混ぜ寿司でした。想像通りのほっとする味です。

 

113

角煮は小ぶりなものが一切れ。茶碗蒸しと蒸し寿司でおなかいっぱいになるので、ちょうどよい量です。

 

周りを見ると、観光客も多いですが、地元のお客様もたくさん来ています。

お隣の二人連れを見ると、茶碗蒸しと蒸し寿司だけの「御一人前」(1260円)を二つと単品の角煮をひとつ注文されていました。

吉宗定食には小鉢やデザートの果物がついているのですが、正直、おなかいっぱいでおいしくいただけないので、お隣の注文の仕方が正解だなぁと思いました(^^;)

次の記事へ→長崎旅行 2013年GW ⑨眼鏡橋

今回の長崎旅行記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る