沖縄旅行記 カフーリゾートからビーチへ 万座ビーチビジター利用

  • 2018/7/21
  • 沖縄旅行記 カフーリゾートからビーチへ 万座ビーチビジター利用 はコメントを受け付けていません。

カフーリゾートにはプライベートビーチがありません。
なので、近隣の、ホテルのビーチなどへ行くことにして、あらかじめ調べていきました。
その詳細はこちらをご覧いただくとして、2日目は朝から万座ビーチへ行きました。

バス停「サンマリーナホテル前」の景色

暑いので、タクシーで行こうとフロントにお願いしたところ、混んでいて配車がいつになるか見通せないとのこと。
今回は、タクシーがいつでもこんな感じでした。。。
暑さ対策をして(冷感タオル・ミネラルウォーター・帽子・日傘・サングラス)、バスで行くことにしました。

カフーの最寄りのバス停は「冨着」か「サンマリーナホテル前」になります。どちらもカフーから歩く距離は同じくらいですが、「サンマリーナホテル前」のバス停には日よけがあります。灼熱の中、日差しをまともに受けるのはつらいので、「サンマリーナホテル前」を利用。
バス停に行くと、時刻表に2次元バーコードがあり、スマホで読み取ると、バスの通過状況がわかるWebサイトが見られます。

バスなび沖縄:http://www.busnavi-okinawa.com/map/
↑こちらは、PC用ですが、携帯・スマホ用のサイトもあります。

スマホでバスの運行状況を確認するも、20分くらいの遅れ。
待って待って、やっと来たと思ったら、満員。
すぐ後ろに次のバスが来ていたので、結局予定のバスの次のバスに乗ることになりました。。。
で、15分くらいで「万座ビーチ前」に到着。
バス停からさらに歩いて10分くらいでビーチエントランスに到着

ビーチエントランス塔からの眺め。湿気でカメラが曇ってます。。

万座ビーチのビジター利用の概要は以下の通り。

【万座ビーチ(ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート)】
・ビーチ利用自体は無料。万座オーシャンパークは有料(3000円 オンシーズン3500円)。駐車料金有料。
・ビーチサイドプールも無料(ガーデンプールは宿泊者専用)
・シャワールーム、トイレ、更衣室も無料
・コインロッカー:300円
・パラソルセット:3000円(オンシーズンは4500円)

この↑建物の下に、シャワールーム兼更衣室、コインロッカー、トイレ、ビーチショップやビーチパーラーなど一通り揃っています。

正面はオーシャンパーク。有料です。無料のビーチはさらに右側。

ビーチサイドカウンター(無料のビーチの入り口)で、ビジター利用を伝えると、ビーチサイドプールのパラソル・チェアは空いていれば無料で使えると、親切に教えてくれました。

ラッキーにも、パラソル・チェアーを無料で使えました。


早速ビーチへ。
クラゲ除けネットが張ってあるので安心です。

万座毛が望める景色の良いビーチです。

海の中からビーチを見るとこんな感じ。
施設は揃っているし、プールも使えるし、なかなか好印象の万座ビーチです。

なんといってもうれしい驚きは、ネット内にも関わらず、お魚がたくさんいたことです。
とくにカクレクマノミまで見られるなんて!!


この時干潮だったので、光が海の底まで届いてよく見えました。
このイソギンチャクに親子でしょうか、大小のカクレクマノミです。
宮古島の吉野海岸でハマクマノミを見たことはあるのですが、カクレクマノミをこんな近くで見たのは初めて。ちょっと感激です。

その他にも、大きな、食べれそうな魚や

チョウチョウウオだ!帰ってから調べたところ「アケボノチョウチョウウオ」らしいです。
あと、ルリスズメダイもたくさんいました。

おかしかったのは、相方を攻撃してくるお魚。「ムラサメモンガラ」です。
 
海に入るときは、サンゴの破片などで足を傷つけないように、マリンシューズを履くのですが、相方のシューズが青なのです。
青いシューズが魚にみえたのか、相方が「痛いっ」と叫ぶので、水の中を見たところ、すごい勢いで相方の足をつついているのを見ました!明らかに攻撃しています!

それが、いかにも縄張りに入ってきた新入りを攻撃しているように見えたので、おかしくておかしくて。
これも調べたら、ムラサメモンガラは縄張りを持つ魚らしいので、やっぱり相方は攻撃されていたということです。

楽しくて、あっという間にお昼を過ぎてしまい、ビーチパーラーでホットドッグとカレーを食べました。

ドリンクは、左がグアバジュース、右がシークワーサージュース。おいしい。

ホットドッグ。あつあつ。普通といえば、普通なんだが、こういうところで食べるとおいしく感じる。。。

ココナッツカレー。ルーたっぷり。

下の御飯が入っている器はこんな風に開くようになっていて、食べやすい。
そして辛い!結構辛い!
が、おいしく全部食べました。

教会の近くからビーチに降ります。

ご飯を食べた後、万座ビーチにほど近い、「恩納海浜公園ナビービーチ」  まで歩いていきました。

こちらは、村営のビーチで、利用方法の概要は以下の通り。
・ビーチ利用自体は無料。
・シャワー:100円/2分
・コインロッカー:200円
・パラソルセット:2500円


ナビービーチです。
万座ビーチから近いでしょ?

人少ないです。
こちらの方が天然ビーチっぽいので、お魚いるかな?とやってきました。

潮が満ち始めてきました。結構な波。
隅々まで泳いでみましたが、お魚見られず、残念。。。
すぐに上がりました。

熟していないアダンの実

また、教会の側から、ANAインタコンチの駐車場を通って、万座ビーチに戻り、もう一泳ぎして帰りました。
帰りも、もちろんバスで。

※カフーリゾートにはプライベートビーチがありませんので、近隣のホテルのビーチなどの利用を調べていきました。詳細はこちら

 

1.沖縄 カフーリゾート フチャク の過ごし方と 持ち物リスト
2.カフーリゾート フチャク コンド棟 和洋室の住み心地
3.カフーリゾート滞在 「おんなの駅 ぬちゆくい」でお土産と食材調達
4.カフーリゾート コンド棟宿泊 お部屋で夕食
5.カフーリゾート宿泊 朝食ブッフェ Orange とBlue
6.カフーリゾートからビーチへ 万座ビーチビジター利用 ←今ここ
7.カフーリゾートからビーチへ ブセナビーチ ビジター利用
8.那覇空港でランチの穴場? 空港食堂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る