仙台観光 おすすめホテル ホテルメトロポリタン仙台イースト スーペリアツインルーム

  • 2019/4/3
  • 仙台観光 おすすめホテル ホテルメトロポリタン仙台イースト スーペリアツインルーム はコメントを受け付けていません。

今回の仙台旅行のメインは、「中華そば一休」さんの「レモン中華」と、最近の仙台名物と言われる「せり鍋」を食べること。
あとは、久しぶりの仙台をぶらぶら街歩きすることと、お天気がよければ、松島を観光して、塩釜でお寿司を食べて帰ろうと。
なので、宿泊先は、便利な仙台駅近くにすることにしました。
仙台駅直結で老舗のホテルメトロポリタン仙台にしようかと検索したところ、東口側にも新しいホテルメトロポリタン仙台イーストできていて、評判もよいようだったので、こちらに。
予約は一休.comから。お部屋は、スーペリアツインルームです。


お昼を食べて、一旦荷物を預かってもらい、街歩き後の17時頃、お部屋に入りました。
窓の清掃があるため、カーテンが閉められていました。

ベッドはぴったりではないけどほぼくっついているタイプ。

ベッドの足元にソファー。小さなテーブルには無料のお水が2本。
このソファーセット、居心地がよかったです。

正面にテレビがあるので、夕食後もテレビをみながらソファーでまったりしました。

デスクには、無料の貸し出しスマホがありましたが、速度が遅くて使いにくい。。。
コーヒーマシンのセットは、テレビの下の引き出しに。

無料のお茶セットは、コーヒー以外にも緑茶・ほうじ茶がありました。
お湯を沸かすポットは食器の下の段にあります。
左は冷蔵庫で空でした。

カーテンを開けると、仙台の東口方面です。遠くに海が見えました。

ベッドのわきには洗面ルームへの入り口。

バスルームは洗い場付で、シャワーもレイン・ボディ(?)・手持ちと充実(?)。
バスタブは、ジェットバスというのでしょうか?背中からぶくぶくと。
スィッチがわかりにくくて、恐る恐る押してみましたところ、とてもよかったです(^^;)

洗面ルームへの入り口は、ドアを入ってすぐのところにも。
クローゼットもこのエリアにあります。
ドアを閉めてしまえば、この洗面ルームの中だけで身支度が整えられるのでいいですね。

トイレもこちら。

洗面台はシングルシンクですが、広々。
下が棚になっていて、タオルはそちら。脱衣篭もあり。

アメニティは、基本的なもの以外にも入力材や簡単な化粧品もありました。
なんと、男性用の化粧水?などもありましたよ。

シャンプー・リンス・ボディシャンプーはボトルタイプ。
ポーラだったかな。

あと、こちらのホテルにしたのは、宿泊者専用ラウンジがあって、コーヒーなど飲み物がいただけるから。
フロント階のエレベーターホール近くに入り口があり、ルームカードで解錠して入ります。

冷たいソフトドリンク、コーヒー・紅茶、お水(お湯)がありました。
こちらのホテル、利用者はビジネスマンが多く、次いでアジアからの観光客、平日のせいか、日本人の観光客は少なかったかも。
ラウンジの写真は人が多かったので断念しましたが、座席は多かったです。
奥の大きなテーブルで、PC持ち込んで仕事をしている人たちがいたので、コーヒーだけもらってお部屋に退散。
平日は、ちょっとゆっくりしにくいかもです。

ラウンジのお隣には、小さなジムもありました。
ランニングマシーンが数台ありました。

久しぶりの仙台は、東口側にも駅ナカ商業施設が増えて、駅周辺がとても栄えていました。
これまでの繁華街はどうなっているのでしょうかね?次回は街歩きの様子です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る