丸の内 TOKIA フレンチ レゾナンス

  • 2013/7/30
  • 丸の内 TOKIA フレンチ レゾナンス はコメントを受け付けていません。

丸の内はTOKIAにあるフレンチレストラン レゾナンスResonanceで、ディナーをいただきました。6人での女子会です。お店はお友達が探してくれました。

016

7月の18時半は、まだこんなに明るい。。用意いただいた席は窓側で、JRの線路をはさんで向かい側には高層ビルが。

018

本日のメニューです。少しずつですが、品数が多いですとのソムリエの方のご説明です。食前酒がついていて、スパークリングワインをいただきました。アルコールがだめな人には、ノンアルコールカクテル(ハイビスカスとローズヒップ)がでてきましたよ。

020

前菜です。左から、「自家製豆腐 辛子エスプーマ」 「雲丹 カリフラワームース 和風ジュレ」 「ゼッポリーニ」

左のお豆腐料理からいただきます。辛子エスプーマがこの見た目なのに、しっかり辛子の味がして、滑らかな豆腐とも合って、すごくおいしかった!雲丹のカリフラワームースも、ムースがおいしいです。ゼッポリーニは、青海苔が香ばしく。でも固かったので、フォークが刺さらず、手でいただいてしまいました(^^;)

021

「大穴子 トマトジュレ 赤梅酢」 最近、トマトエキスを使ったお料理がありますが、このジュレもすっきりした味でした。海ぶどうも入っていて、食感のアクセントになっていました。このあたりで、ワインを頼む人がちらほら。お手ごろなグラスワインは、ソムリエに好みを伝えると、いくつか提案(?)してもらえます。赤と白それぞれ頼んだ人がいましたが、おいしかったそうです。

025

「浅利出汁 赤味噌 冬瓜」 お味噌汁です。浅利の出汁がしっかりでていました。じゅんさいがはいっていて、冬瓜と合わせて初夏らしいですね。

030

「ジャルダン エテ/ヴィネグレット セザール/ヘーゼルナッツクランブル」 えへ。。難しいですね。調べてみましたが、ジャルダン エテは、夏の庭という意味でしょうかね?夏の庭をイメージしたサラダ、ソースはビネガーがベースだったと思います。ヤングコーンや小さなお芋のような野菜が、おいしかったです。周りに散らしたヘーゼルナッツクランブルも香ばしくてよかったです。このお皿ひとつで、大満足です。

039

といいつつ、このポルチーニのパスタ 「ヌイユ/ポルチーニ」も、生のポルチーニともちもちの平打ちパスタもおいしかった!このところ、炭水化物を控えていたのに、久しぶりに美味しいパスタを食べて、もっと食べたくなってしまいました。。

042

「天竜川 鮎/三種のクーリ(赤万願寺唐辛子 パセリ ガリ)」メインは鮎。ちょっと苦手なのですが、中骨も取られていて、香ばしく美味しくいただけました。頭も食べられますよとのことでしたが、ごめんなさいしました。ガリのソースはよくわからなかったけど、パセリのソースが合っていたと思います。

049

「赤紫蘇ジュレ/プラムコンポート」 お料理全般に、初夏をイメージされているのか、酸っぱい系統のものが多かったです。さっぱりして夏ばて防止?(笑)。私は酸っぱいものが好きなので、どれもおいしくいただきました。この後、「ヌガー グラッセ」 アイスのようなヌガーが出たのですが、おしゃべりに夢中になっていたら溶けてしまって写真の取れない状態で(^^;) デザートがおいしいと、全体の満足度が高いと思います。

051

最後にカプチーノと小さなカヌレをいただきました。これで、5250円(飲み物別)というのは、CPがよいと思います。

気がつけば、23時でお店の閉店時間までしっかりしゃべってしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る