雨の京都 京都市美術館 相国寺・承天閣美術館

  • 2015/8/30
  • 雨の京都 京都市美術館 相国寺・承天閣美術館 はコメントを受け付けていません。

せっかく京都に来たのに、雨が降ってしまった。なんてこと、どなたも経験あると思います。
もちろんお寺巡りであれば、屋内に入ることも多いので、大きな影響はないかもしれません。
今回は、2日目、3日目と雨になってしまい、2日目はそのまま奈良の興福寺・東大寺に行ったのですが、結構疲れてしまったので、3日目はもう少し屋内にいる時間が長くなる美術館巡りをすることにしました。
京都は、京都国立博物館をはじめとして、大小さまざまな美術・博物館があります。
東京と同じ展示でも、京都の方が見やすいこともあるかと思います。
ということで、今回は京都市美術館で行われている「ルーブル美術館展」を見に行きました。
チケットの写真しかなくてすみません(^^;)

この日は雨だったからかもしれませんが、チケットを買うにも並ばずにすみ、見学も人は多いものの、ゆっくり見て回ることができました。
見どころは、チケットのフェルメールの「天文学者」。初来日だそうです。
これ以外にはあまり有名な作品はなかったのですが、風俗画が多くて、絵が描かれた時代の背景が垣間見られて結構楽しめました。

2015-08-17 17.33.13
同時に開催されていたのが、ルネ・マグリット展。
ミュージアムショップに今回の展示会の図録があったので、さぁっと見たのですが、こちらも大変面白そうでした。
2015-08-17 17.36.29
思わず、有名なこちらの画のポストカードを買ってきました。
会期中に京都に行くことがあれば、今度は是非。なんて。

そして、早めのお昼を食べた後、もう一か所の美術館を訪問。

2015-07-23 13.29.42
同志社大学のすぐそば、相国寺内の承天閣美術館です。
前回2014年の9月に来た時には、展示変えで休館していたので、今度こそはとやってきました。
2015-07-23 13.32.23 2015-07-23 13.33.32 2015-07-23 13.34.26
京都御所のすぐそば、こんなに広い敷地です。
近所の人なのか、自転車に乗った人が時たま通るくらい。
とても静かです。
2015-07-23 13.34.49
相国寺は、春と秋の2期間に見学可能。
2015-07-23 13.35.41
承天閣美術館の入り口です。
庫裏の右隣にあります。
2015-07-23 13.35.52
現在の展示は、こちら↑。
今年の京都は琳派400年記念祭として、あちらこちらで展覧会等が行われています。
また、相国寺は鹿苑寺金閣、慈照寺銀閣を塔頭寺院とする本山であり、伊藤若冲作の重要文化財「鹿苑寺大書院障壁画」の一部が移設・展示されているので、この伊藤若冲作品を見たいと思い続けてきたのです。
2015-07-23 13.36.13 2015-07-23 13.36.22 2015-07-23 13.36.30
美術館入口までのアプローチは、とてもきれいに整備されていて、苔もきれいです。
2015-07-23 13.37.43 2015-08-17 17.33.27
チケットも伊藤若冲。

琳派は、本阿弥光悦が創始者であり、俵屋宗達、尾形光琳といった有名画家がいますが、今回の展示では俵屋宗達の「蔦の細道図屏風」が興味深かったです。
この屏風は、右隻と左隻を入れ替えることができるというもので、遊び心があるというか、興味深い屏風でした。

2015-08-17 17.34.03
第2展示場は、伊藤若冲の作品中心の展示です。
重要文化財「鹿苑寺大書院障壁画」は、BS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」で、去年の9月の放送で取り上げられたのを見ていたので、横の壁の鳥をしっかり確認してきましたよ!
そういえば、放送は見なかったのですが、東京でのルーブル美術館展の回もあったようです。

伊藤若冲の作品で一番気に入ったのは、この↑パンフレットにある鶏を描いた屏風「群鶏蔬菜図押絵貼屏風」です。
様々な表情の鶏と野菜などが一緒に描かれていて、その線の滑らかなこと、鶏の尾や羽根などは非常に細かく描かれているのに、顔は単純だったり、おもしろかったり。
本当に見飽きない作品です。
ミュージアムショップにメモ帳があれば買いたかったのに、クリアファイルやポストカードしかありませんでした。。。残念!
伊藤若冲の鶏と言えば、色鮮やかで、非常に繊細に描かれた動植綵絵の中の「群鶏図」等が有名ですが、こちらの水墨の白黒だけで描かれた鶏も是非見ていただきたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る