夏の京都 葛きり食べ比べ とらやの葛きり 京都一条店 2014年9月(11)

  • 2014/10/25
  • 夏の京都 葛きり食べ比べ とらやの葛きり 京都一条店 2014年9月(11) はコメントを受け付けていません。

大徳寺でじっくり見学した後は、バスで北大路バスターミナルへ移動して、地下鉄でこちらへやってきました。DSCN5863

シルバーの虎の字が輝く、「とらや京都一条店」です。
DSCN5870 DSCN5866
物販のお店を通り越した奥に喫茶ができる虎屋可菓寮があります。
DSC_0120
この日はまだまだ蒸し暑くて、お店の中はひんやり。
横浜そごうにもあるのですが、いつも混んでいて、なぜか京都のほうが何度もうかがっています。
天井が高くて、席もゆったりしていて、観光で疲れた時には本当にほっとします。おすすめです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さて、本題の葛きり食べ比べ。といっても、初日の鍵善良房とだけですが(^^;)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こちらも、どーんと大きな器でやってきます。量は、鍵善義房と同じくらい多いです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
葛きり自体は半透明で、もっちり、つるっといただけます。
もっちり度はこちらのほうが高いです。
蜜は和三盆糖蜜とのことで、角のない甘さ。黒蜜のコクではなくて柔らかい甘さです。
相方と、蜜はそれぞれのお店の違いがあるのは想像通りだけど、葛きり自体が結構違うね~と感心感心。
葛きりと言えば定番が鍵善義房だとすると、もう少し高級なのがとらや。でも一番の好みは美濃吉の葛きりということで意見が一致しました(^^;)。
DSCN5865
秋はお抹茶と生菓子もいいですね~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る