台湾旅行 台北2泊3日 グループ旅行 準備編 両替

台湾の両替事情ですが、1の空港の銀行で両替をしましたが、その他の方法を含め、調べてみました。

1. 空港の銀行:

レートはもっともよいと言われている。ただし手数料が30元かかる。場所は、手荷物受取のターンテーブルを抜けて、手荷物の免税・課税カウンターを出たところに「台湾銀行」と「兆豊国際商業銀行」があります。到着ロビー内にも同じ銀行があるようですが、現地ツアー会社との待ち合わせを考えると、前者で両替するのがよいようです。両行ともレートは大きく変わらないはずなので、空いているほうで。

実は、前回の旅行で余ったお金を1900元も持っており、調べたところ、紙幣の変更があって、そのままでは使えず、銀行で新しい紙幣に変えてもらう必要があるようです。その場合、台湾銀行でないといけないようなので、私は台湾銀行の窓口で両替と紙幣の交換をお願いする予定です。持っている旧紙幣は、1000元札、100元札、50元札。現在50元札がないようなので、これはどうなるでしょうか?

2. 現地添乗員:

現地送迎の添乗員が1万円単位で手数料なしで両替をしてくれる場合があり、手数料をとらない事も多く、実はレートがよいらしいです。ただ、必ず持っているとは限らないでしょう。

3. 免税店・デパート:

ツアー会社を通した旅行の場合は、行きのホテル送迎時に免税店による可能性は高いです。免税店の両替は銀行よりは悪いが、ホテルよりはよいようです。
大きなデパートにも両替所はあり、レートは同じく銀行よりは悪いが、ホテルよりはよいようです。

4.ホテル:

大きなホテルであれば、24時間両替可能ですが、レートは、調べた中では一番悪いようで、また宿泊客でないと両替してくれないようです。

5. 市内の銀行:

もちろん台北市内の銀行の支店でも両替可能ですが、空港での両替より時間はかかります。パスポートが必要な場合もあり、時間がない観光客には不向きなようです。

6. クレジットカードでのキャッシング:

旅行中に現金がなくなった場合、近くにデパートや両替できるところがない時には、コンビニのクレジットカードのATMでキャッシングをするという方法もあります。利息がかかりますが、日本に帰ってすぐに返せば大金を借りない限り、大きな利息にはならないはずです。が、手数料がかかること、レートがよいとは限らないことを理解の上、注意して利用すべき。私的には最後の手段だと思ってます。

以上、大金を両替しない限り、レートの善し悪しで大きな差はないかもしれませんが、できればよいほうがいいですよね。。。台湾では、クレジットカードが使えるお店も多いので、現金+クレジットカードをうまく使い分けようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る