台湾旅行 台北2泊3日 グループ旅行 準備編 持ち物リスト

さて、大体下調べができたので、今度は持ち物です。後ほど、いつもの持ち物リストを書きますが、まずは、台湾ならではのものを。

・エコバッグ→コンビニでも買物袋は有料。
・メモ帳→漢字の国は、筆談が便利!
・携帯電話の充電器類→台湾のコンセントの形状は日本と同じ。日本は100Vで台湾は110Vなのですが、充電器に100V~240Vという記述があれば、そのまま使えるとのこと。
・クレジットカード→VISA、Master、JCBであればほぼ問題なく使えるよう。なお、トラベラーズチェックは手数料が高いので現金かカードの利用がおすすめ。
除菌ウェットティッシュ、ポケットティッシュ、不透明のごみ袋(小さいサイズ)→これは別に台湾に限った持ち物ではないですが、こころもち多めがいいかなと。ご存じかもしれませんが、実は台湾のトイレ事情はあまりよくなくて。新しい、大きなホテルなどはもうそんなことはないかもしれませんが、トイレの水流が弱いので、紙は流さずトイレ個室内のごみ箱に入れることが多いようです。中国本土でも同じと聞きます。逆に日本の観光地で、中国からの観光客が多い場所のトイレに、紙は流してくださいと注意書きがあるのを見たこともありますが。今回はショートトリップもあるので、備えあれば憂いなし!また、相方が携帯用・手動ウォッシュレットを買ってくれました。うまく使えるだろうか?

それはさておき、あとはどこへ行くにも必要な持ち物リストです。

■絶対必須の持ち物
・パスポート: 滞在期間+6か月の有効期間を確認!念のためコピーをとって。同行者と交換しておくなど。
・現金:数か所に分けて携帯。
・クレジットカード:2枚あるとよい。海外旅行保険の付帯サービスがあるものがよい。保険内容も確認を。
・航空券
・ビザ:渡航先にビザが必要な場合。アメリカ・オーストラリアなど

■ 普通持っていく持ち物
・着替え: 渡航地の気候に合わせて。歩きやすい靴で。洗濯ができない場合もあるので、日数分の下着を。また、ホテルに寝巻の用意がない場合は、パジャマも忘れずに。
・ポケットティッシュ・除菌ウェットティッシュ: トイレや野外での食事の際に。
・常備薬: 風邪薬・胃腸の薬。普段飲んでいるお薬も忘れずに。
・傘: 晴雨兼用が便利
・携帯電話・タブレット端末とその充電器: 短期間であれば、キャリアーの海外プランでもいいけど、より安く通信するには、レンタルWifiも。今回は、Global Wifiをレンタルしました!充電器は、台湾は変圧器・電源変換プラグは不要。

・デジカメと充電器
・変圧器・電源変換プラグ: 今回の台湾は不要
・シャンプー&コンディショナー、歯磨きセット、化粧品類、生理用品

■持っていくと便利な持ち物
・ボールペン: 入国カードを書いたり、何かと必要。蛍光ペンもあると地図への書き込みなどわかりやすい。
・メモ帳: 漢字の国では筆談が便利!付箋もあるとガイドブックに目印できる
・ガイドブック・地図: 少なくとも1冊は必要!?
・ビニール袋: 洗濯物を入れたり、お土産をまとめたりなど、何かと便利
・サングラス・扇子・帽子・ペットボトルフォルダー・日焼け止め: 暑いところに行くときは忘れずに!
・マイ箸
・スリッパや汚れてもいい靴下: ホテルの部屋では靴を脱いでリラックス
・アイマスク・耳栓・エア枕: 移動時の睡眠確保は需要。首も痛くない!?
・爪楊枝: なかなか歯磨きできないときにも使える。フロスでも。

※気が付いたら随時更新します!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る