彦根キャッスルリゾート&スパ 近江牛鉄板焼 鳳凰

彦根でのディナーは、宿泊した彦根キャッスルリゾート&スパの「近江牛鉄板焼 鳳凰」にてセゾンコースをいただくことにしました。


フロントの奥にレストラン「近江ダイニング橘菖」があり、その奥に「近江牛鉄板焼鳳凰」があります。

平日だったので、この時間のお客は私たちだけ。

まずはアミューズ。お野菜や桜マスのマリネ。

小さいフライパンで作るお野菜のバーニャカウダ

メインの食材。霜降り近江牛(1人80g)とびわ桜マス。
お肉が思ったより多く見えます。

「びわ桜マスときのこのサラダ仕立て クリームシャンピニオンソース」
鉄板でムニエルされた桜マスは、外はカリッと中はふっくら。
滋賀と言えば近江牛を食べないと!と、鉄板焼にしましたが、お魚もおいしいです。

お肉は2回に分けて焼き上げてくださいました。
ほどよい脂で、とても上品。

お肉は3連枝豆のような入れ物に入った、左から雪塩・2種類のわさびとエシャロット アンチョビの特製ソース・オリジナルのにんにく醤油 でいただきます。
特製ソースもおいしかったですが、やっぱり塩が一番ですね。

ご飯には肉みそもつきます。

プラス800円でガーリックライスにもしてもらえます。
旦那様はガーリックライス。

とてもおなかがいっぱいですが、さらにデザートも充実。

特製のレアチーズケーキと、ドライいちじく、ドライアップル、チョコレートクリーム付き。
満腹すぎて完食はできませんでしたが、どれもおいしかったです。

滋賀だから近江牛を食べたい!でも、彦根ではお店がわからない。。という消極的な理由で宿泊先ホテルの鉄板焼をいただきましたが、サービスもよく、お味ももちろんよく、充実のディナーでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る