彦根城観光 ひこにゃんに会える 夢京橋キャッスルロード散策

  • 2019/7/8
  • 彦根城観光 ひこにゃんに会える 夢京橋キャッスルロード散策 はコメントを受け付けていません。

宿泊先の彦根キャッスルリゾート&スパを出ると正面にお城に向かう道があります。


松がきれいです。「いろは松」というのだそうです。

櫓の間を進むと道がクランクになっていて、さらに左方面に行くと立派な「馬屋」があります。

展示の馬さんが妙にリアルで、えっ?本物?  じゃありませんでした。

馬屋の向かいが「表門橋」です。

ひこにゃんは、この日は3回お出まし。毎回場所が違うようです。
3回目に間に合いそうです。

内堀には、屋形船がでています。
玄宮園の近くに乗り場があります。

天守は下から見る限り大きくないので、お城もそれほど広くないかと思いきや、敷地は広そうで、全部見るのは厳しい。
天守と玄宮園に絞ります。

表門参道です。
何かのテレビで見たのですが、敵が上り難いように傾斜がついているとか。
確かに歩きにくかったのですが、本当かな?

天秤櫓を下から。

この橋は廊下橋。非常時には落とし橋といって、橋を崩して渡れない様にできたのだそう。
天秤櫓は、この橋を中央に左右に櫓があるのでその名がついています。

太鼓門櫓です。

天守は工事中でした。
近くに上がってきても、それほど大きな建物ではないですね。
お城に詳しくありませんが、5つしかない国宝のお城のひとつと聞けば、天守に上がってみないわけにいきません。

上からの眺め。こちらは湖とは反対側です。
彦根キャッスルリゾート&スパも見えます。

3時になったので、ひこにゃんに会いに行きます。
この時は、表門にある彦根城博物館のお庭でした。

決めポーズがいくつかあるようで、次々に決めてくれます。動きはゆっくりですが。
思った以上に可愛いですね!
後から知ったのですが、ひこにゃんは公式キャラクターなのですが、この時は今年度の予算が可決されていなかったので、活動費はクラウドファンディングで集めて、委託団体が運営してきたそうです。
6月中旬に無事、予算が可決されたそう。

さて、続いては「玄宮園」です。

いわゆる大名庭園ですね。
近江八景を模して造られたそうです。

散策路の奥の方からは天守も見えます。
築山には「鳳翔台」という客殿もあり、薄茶(お菓子付き500円)もいただけるそうです。

庭園のある玄宮園のさらに隣には、槻御殿があります。

4代藩主井伊直興が着工した下屋敷だそうです。

建物は絶賛修理中でした。

御書院の隣にある「御茶座敷(地震の間)」と、その奥(写真では向かって右奥)の「楽々の間」です。
こちらも眺めがよさそうです。

さて、歩き回って疲れたので、「夢京橋キャッスルロード」という、お土産屋や飲食店の集まった通りへやってきました。

「政所園 茶房源三郎」で、小さなクリーム白玉をいただきました。
私は抹茶のソフトクリーム

旦那様は黒みつのかかったソフトクリーム。
小さなカップでしたので、お腹がいっぱいになりすぎず、ちょうどよかった。
お味は、お茶屋さんなので、抹茶味のほうがおいしかったかな。

素敵な和菓子屋さんもありました。

やっぱり買ってしまうでしょう。ひこにゃんのどら焼き。
味は右上の月餅がおいしかったです。ドライフルーツやナッツがたくさん入っていました。
左上はよもぎ餅。

滋賀といえば「たねや」。
明日、「ラ コリーナ 近江八幡」に行く予定なので、この日は見るだけ。
こちらで販売しているものは、百貨店で見かけるものでした。

お隣には「クラブハリエ」も。
こちらでは、生ケーキもあって、喫茶もできるようでした。
源三郎もよかったけど、こちらのほうがゆっくりできるかも。

彦根のお土産といえば、老舗の「いと重菓舗」の「埋もれ木」。
こちらは最近の和菓子にはない、どっしりとした甘さ。
薄茶をたてて、一緒にいただきたい味でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る