箱根・翠松園の夕食 食事のおいしい宿

  • 2017/9/27
  • 箱根・翠松園の夕食 食事のおいしい宿 はコメントを受け付けていません。

5月に宿泊した箱根・翠松園
全23室すべて源泉かけ流しの露天風呂付きのお部屋で、ラグジュアリーなお籠り宿といった趣ですが、実は食事もすごかった!


メインダイニングは、三井家の別荘だったというその名も「翠松園」です。
ドレスコードはなく、お部屋に用意されている浴衣でリラックスして食事をいただけます。

和室の個室もあるのですが、今回はテーブル席でした。
 
懐石料理とのことですが、メニューを見ても食材の多さにびっくり。

まずはビールで乾杯!
(えぇ、私はドライゼロです)。

前菜の盛り合わせです。
とても大きなお皿に小鉢いろいろ。

手前のお盆に、小鉢をとっていただきます。
まずは、ジュンサイとウニです。緑のは、擦った蓮根に、山葵、青柚子が練りこまれてます。

合鴨と山独活の金山寺みそ玉葱あん。
ほんの一口サイズだけど、おいしかったな。

ひよこ豆とパプリカの玉地蒸し。
洋風茶碗蒸し?パプリカのムース?といったところ。

蛤・うるい浸し。
うるいのしゃきっとした歯ごたえと、蛤のムニっとした歯ごたえが印象的です。

芋茎と燻製沢庵の白和え。凝ってます。

細魚粽すし

手前から時計周りに、金目鯛香味揚げ、丸十バター黄身焼き、そら豆のおかき。
どれも一口サイズといいつつ、ビールを飲みながらいただくと、あっという間にお腹がいっぱいになってきました。

碓井豆すり流し。
湯葉の真丈と葛を打った海老が入っています。
我が家でも、新鮮なグリーンピースをもらった時はポタージュにすることが多いですが、お出汁のすり流しもおいしいですね。

今回の宿泊は、公式サイトのプレミアムメンバープランで予約したので、特典に赤ワインのハーフボトルがついていました。
メインに入るタイミングで出してもらいました。
お酒の飲めない私も、せっかくなのでお味見程度にいただきましたが、とても香りがよく、しっかりしたボディの赤ワインでした。
相方もとても気に入ったようで、どこかで買えないかをネットを探したところ、とてもよい値段の銘柄でした。

お刺身の盛り合わせです。これも大皿に。

伊勢海老は歯ごたえもよく、甘味もありました。

白身も鮪もとてもおいしかった。

そして、今回一番おいしいと思ったのが、この小鍋です。
穴子の小鍋仕立て。
香ばしく焼かれた江戸前の穴子に、丸茄子、大椎茸が入っていますが、なんといってもお出汁がおいしい!!
途中で酢橘を絞ったのですが、これまたさっぱりしておいしい!!
お腹一杯だというのに、残さず全部いただいてしまいました。

もう食べられない。。。と思ったところに、お肉料理は黒毛和牛とアスパラの山椒焼き。
適度な量でよかった。。。と思いきや、これもすき焼き風の味付けでおいしいこと。
黄身とろろでまったくのすき焼き風。
トマトでさっぱり、山椒の風味でぴりりと。
これは、家でも真似しようと思いましたよ。

お食事は、新生姜の釜炊きご飯と、お造りの伊勢海老の頭を使った赤出汁。
食べきれないので少量よそってもらいましたが、残りはおにぎりにしてくれるので、お夜食にどうぞとの計らい。

〆に胡麻鯛茶漬け。というのがこちらのスペシャリテのようなので、頑張って一口いただきました。
が、もう少しお腹に余裕がないと楽しめないかも(^^;)

さらにさらに、デザートもどどーんと。
一口ずつお味見しました。
最後まで手を抜かないおいしさ。
また違う季節に行きたいです。

お食事は、懐石以外に鉄板焼きも選べる(席数限定)ようですが、私は次回も懐石を選ぶかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る