奈良・興福寺 仏頭・阿修羅像を見に

  • 2015/8/21
  • 奈良・興福寺 仏頭・阿修羅像を見に はコメントを受け付けていません。

東向商店街の途中から興福寺に上ってきました。
五重塔が見えると、あぁ興福寺だ!とおぼろげに思い出したりして。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
国宝満載の北円堂。
通常、春と秋だけの公開のところ、今年は特別公開とのこと。
なんで午後1時半からなんだろう。。。(この時10時半くらい)。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
仕方ないので(?)、南円堂へお参りしました。
こちらは、西国三十三所観音霊場の第九番札所とのこと。
お参りしている人も多かったです。
こちらでは、御朱印をいただきました。
各伽藍毎のと、興福寺全体としてのものがあるということで、全体の御朱印を。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そうして、五重塔までやってきました。
ご覧のとおり、湿気で靄ってます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
鹿もやってきてます。
大きな角!おそらく中国からの旅行客さん、怖くないのかな?かわいがってましたけど、鹿、せんべいほしいだけかも。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
興福寺での見学ポイントその1。東金堂。
2015-08-17 17.19.54
もちろん内部の写真はNG。
チケットには、本尊・薬師如来像と両脇に日光・月光菩薩像。
木造十二神将立像は、思ったより小さかった。けど、顔の表情と言い、体の動きといい、なんとなく昔の彩色まで残っているのだからすごい。
各像とも髻に干支の動物を乗せているとは、「見仏記」を読んで初めて知りました。
自分の干支の像を探しました。

東金堂のあとは、国宝堂に移動。
お目当ては、「阿修羅像」「仏頭(銅造)」「迦楼羅像(かるらぞう)」など。
入ってすぐにあるのは「板彫十二神将立像」
それに続いて、「仏頭(銅造)」があります。
一昨年、東京では東京芸術大学大学美術館で展示があったのですが、激混みが予想されたので断念。
BS日テレ「ぶらぶら美術・博物館」でやってたのを観ました。
今回、国宝館はそれほど混んでなかったので近くで(ガラスケースに入ってますが)、ゆっくり見ることができたのでよかった。
「阿修羅像」は、以前はガラスケースに入っていたそうですが、現在はそうではなく。こちらも極近くでゆっくりみることができました。
国宝館はとてもお勧めです。

興福寺には数々の国宝・および重要文化財がありますが、詳しくは興福寺のHPに詳しいのでそちらを。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
第一の目的を果たして、大満足。
次は東大寺を目指しますが、まぁ鹿の多いこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る