熱海 大人だけの静かなホテル ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド 露天風呂付き

  • 2017/2/21
  • 熱海 大人だけの静かなホテル ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド 露天風呂付き はコメントを受け付けていません。

最近の熱海は、新しいホテルだけでなく、リブランドでの再出発をするホテルも多く、今回はそのひとつ「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」に宿泊しました。
2016年7月にリブランドオープンの、全部で16室のこじんまりとしたホテルで、露天風呂付きのお部屋か、ビューバスのお部屋という、お部屋でお風呂を楽しめるホテルです。
温泉行くぞ~!!となった時の、我が家のホテル選択のポイントは2つ。
「露天風呂付のお部屋」、「お食事がおいしいこと(出来れば伊勢海老、鮑が食べられるとよい)」。
今回は、これらに加えて、12歳未満は保護者同伴であっても宿泊不可とのホテルなので、静かに過ごせそうなのが選択ポイントでした。


ホテルの場所は、熱海駅の裏手の山の上のほう。MOA美術館より上です。
残念ながら送迎サービスはないので、タクシーを使いますが、1500円はかからなかったと思います。
ロビーを入ると、正面のラウンジでチェックインしますが、すばらしい眺望です。
この標高で、まだ山の中腹だそう。道が急こう配なので、車で来られる方は要注意です。

ウェルカムドリンクをいただきます。
こちら↑は、ノンアルコールのストロベリーカクテル。

こちら↑は、ミモザです。
建物は大きく2棟あって、ロビーがある方がレストランなどの共有棟で、もう一つは宿泊棟です。
ロビー脇のエレベータで1階下におります。

エレべータを降りるとすぐにあるのが小さなジム。
エアバイクとランニングマシンが1台ずつあります。
利用するにはフロントに申し込みをするようです。
おそらく、ウエアや靴も貸し出してもらえそうです。

ジムの奥にはリラクゼーションルームがあります。
マッサージチェア付きのお部屋もありますが、お部屋になくても、こちらにくれば使えます。

共有棟と宿泊棟をつなぐ廊下。

その突き当りにリラクゼーションスペースという、眺望を楽しむスペースがあります。
宿泊棟の構造上、お部屋の眺望が悪いところもあるようなので、その場合、こちらで朝、夕の素晴らしい熱海の景色を眺めることができます。

ソファーの後ろには小上がりのお座敷風スペースあり。
こちらは、宿泊棟の2階になります。
2階のお部屋はビューバスのお部屋のようです。

露天風呂付のお部屋は1階のようです。
奥のお部屋は構造上、眺望が望めないようで、森が見えるビューバスになっているらしいです。

今回は、手前の101号室。
「露天風呂付洋室 ハリウッドツイン」です。
マッサージチェア付き!!

露天風呂からの眺めは、開けています。
木々に遮られないので、とても良い眺め。
恐らく奥のお部屋は、露天風呂付きでも木に眺望を遮られるお部屋もあるかもしれません。
逆に、あまりにも開けすぎているのも恥ずかしい(って、誰からも見えないとは思いますが)かもしれませんので、お好みですよね。

露天風呂は源泉かけ流し。
温度が高めなので、水を足してちょうどいい温度にしてくださいとのこと。
見えてないですが、お湯の出るところの向う側に水栓をひねるところがあります。

露天風呂の横にシャワールームがあります。
体を洗うスペースはここのみ。室内にお風呂はありません。
このシャワースペース、寒いです。そして、夏はきっと暑いでしょう。。。
私は、露天風呂を楽しんだら、その後はすぐに大浴場へ行って、体や髪を洗いました(^^;)。
大浴場は宿泊棟の1階にあり、今回泊まったお部屋からが一番近かったので便利でした。

シャワールームを出たところが脱衣所。
バスローブ、浴衣の用意がありました。
浴衣は、宿泊棟内のみ利用可能とのこと。つまり、大浴場へは浴衣で行ってよいとのことですね。
肌触りのよい浴衣で、色柄も上品(地味?)で好みだったので、売店で販売してくれればいいのにと思いましたよ。

脱衣所を出たところ、というか入口を入った正面にデスクスペースがあります。


お茶セットが充実。
茶器などの食器類も特注だそう。

煎茶、紅茶、珈琲。地元、静岡のお店のものを使っていました。
べにふうきの紅茶がおいしかったです。

そして、冷蔵庫の中の飲物は無料だそうです。
近くにコンビニなどありませんから、これは助かります。
また、リラクゼーションルームの横に自販機コーナーがあって、ホテル価格ではない普通の価格でしたし、自販機の奥に、ポカリスエットのミニボトルが用意されているボックスがあって、それは無料だそうです。
お風呂から上がって水分補給してくださいですって。いいサービスですね。

テーブルの上にはiPadがあって、ホテル内の案内や天気予報などが見られます。
こちらのホテルでは無料の夜食サービス(お蕎麦、お茶漬け)があるのですが、それもこのiPadから注文します。

こちらは、入口脇のクローゼットの中です。

大浴場に持っていける手提げと、その中にはパジャマ。
パジャマは室内のみ着用です。

クローゼット脇から入ると洗面スペース。
ダブルシンクで広々使えます。

タオルもたくさん用意されています。

アメニティはミキモト。大浴場も同じでした。
メイク落としや、ローション、クリームもありましたので、お肌の強い方は身軽に来ることができます。

袋の中にドライヤー。体重計もありました。

その他のアメニティーも充実。
緑色のは舌を洗うもの!
マウスウオッシュもあって、これが私的にはうれしいです。

露天風呂に入って、大浴場に行って、マッサージチェアを使っていたらあっという間に夕方です。
お部屋から夕焼けも見られました。
眺望のいいホテルでも、夜になると真っ暗でつまらない。なんてことも多いですが、熱海は夜景も楽しみのひとつ。
街の灯りがきれいでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る