箱根旅行 マイユクール祥月の夕食 2014年3月③

  • 2014/4/8
  • 箱根旅行 マイユクール祥月の夕食 2014年3月③ はコメントを受け付けていません。

お部屋をチェックした後は、夕食まで時間があったので、湯本の駅まで散歩しました。湯本の駅前まで歩いて行ったのは、19時すぎ。この日は3月31日だったからか(消費税変更の対応のため?)、ほとんどお店は閉まっていました(^^;)。食事前の腹ごなしにはよい散歩でした。

さて、肝心の夕食です。

DSC_0225

席には、すでにお食事前のおしのぎが置かれていました。梅を使った食前酒と黒いお稲荷さんです。

DSCN4355

由来の説明はこちら↑(^^;)

DSCN4357 

お味は普通にお稲荷さん。竹炭の味はありません。

DSCN4354

↑こちらがこの日のお品書き。HPを見ると、前菜に期待が高まります。

DSCN4358

うわぁと、妹と二人で大喜びです。たくさんあるので、メニューの順番で食べてみることにしました。

DSCN4362DSCN4359DSCN4366DSCN4368DSC_0227DSCN4360DSC_0230DSCN4365DSC_0231DSC_0232

小さいのに、どれもひとつずつ丁寧に味があって、これだけでも大満足。でもまだまだ続くのです。

DSCN4363DSCN4364

新生姜とグリーンピースのスープ。グリンピースが出ると春だな~と思います。青臭さを生姜が消してくれて、よいお味です。

DSC_0234

御造りの前に、メニューにはない、宿からの一品ということで、手作り豆腐が出てきました。何もつけなくてもおいしいお豆腐です。

DSC_0233

御造りは、小田原であがった、ヒラスズキ。スズキよりまるっとしているそうです。味もしっかりしていて、とてもおいしかったです。左は汲み上げ湯葉。添えられたわさびはほんわさびなのか、辛すぎず、さわやかでお豆腐にのせて食べたらおいしかった!

DSC_0235

続いて、「いろどり野菜の炊き合わせ 銀餡 胡麻クリーム」いろいろな野菜がそれぞれの味付けで炊いてあって、これも手が込んでいてうれしいです。お野菜がたくさん食べられるのもグッド!

DSC_0236

山女の塩釜焼き。左のグリーンの液体は蓼酢です。しっかり塩味もついているので、そのままたべてもおいしいし、蓼酢でさっぱりもいただけます。

DSC_0238

窓側の席でした。

DSC_0237

メインは、豚バラ肉のポワレ マデラ酒のソース 山菜のフリット添えです。周りにはカレー風味のパン粉が散らしてあるので、つけると食感が変わります。

DSCN4387

お食事は、山菜の炊込みご飯に赤出汁とお漬物。ご飯の量は事前に聞きにきてくれました。

DSC_0240

そして、デザート!このようなメニューが配られます。好きなものを好きなだけ頼んでいいそうです。

DSCN4391

デザートワゴン!これはまたどれもおいしそうです。が、ひとり1皿は食べられないので、1皿に全種類を盛ってもらって、二人で食べることにしました。

DSCN4394

かわいい。。。かわいすぎる。。。飾り付けからはかけ離れていますが、どれも本格的なスィーツです。味の似ているものがないのが素晴らしい。特においしかったのはマカロンです。こちらは、お土産で購入できるようです。

DSCN4400

最後に、アイスクリームのサービスもあって、お部屋へ持って帰れます。ほんの一口サイズ。もう食べれないといいつつ、ピスタチオをいただきました(^^;)。ナッツの香りが高いアイスでした。

以上、いや~おなかいっぱい。食材に高級なものはないかもしれませんが、プレゼンテーションで満足度を上げているというか、女性にはとても喜ばれるメニューだと思います。実際、女性グループが多かった。このホテルは女子旅にぴったりです。

次の記事 → 箱根旅行 マイユクール祥月の朝食 2014年3月④

■箱根旅行 2014年3月の記事

1.箱根の桜
2.マイユクール祥月
3.マイユクール祥月の夕食 ←今ここ!
4.マイユクール祥月の朝食
5.湯本を散歩
6.ベーカリー&テーブル箱根 芦ノ湖の新しいパン屋
7.腸詰屋 芦ノ湖店
8.鈴廣かまぼこの里 おっととライス
9.ちもと 湯もち 定番のお土産
10.小田原うさぎ まんじゅう屋・菜の花 箱根のお土産
11.湯本のパン屋 Picotピコット 富士屋ホテルのパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る