横浜山手西洋館 世界のクリスマス2016 ベーリック邸 エリスマン邸 イギリス館 ほか

  • 2016/12/24
  • 横浜山手西洋館 世界のクリスマス2016 ベーリック邸 エリスマン邸 イギリス館 ほか はコメントを受け付けていません。

横浜山手西洋館 世界のクリスマス2016」。見学のおすすめは、ブラフ18番館ですが、今回は8館すべてを回ったので、さぁっとご紹介。
JR石川町駅から出発して、ブラフ18番館と外交官の家を見たら、次は、山手68番館です。

山手68番館は、山手公園の中にあります。
山手公園にはテニスコートがたくさんあって、その受付を兼ねているので、展示はほんの少しです。

ブラジルのクリスマスだそうですが、南半球で夏のクリスマス。実際はどんな感じなんでしょう?

続いてはベーリックホール。ベトナムのクリスマス。

ベトナムは常夏の国。
蘭や蓮を使っているのがベトナムらしいですね。
天井からつりさげられているぼんぼり(?)が気に入りました。

ツリーのオーナメントには、ベトナムでよく見かける傘(帽子)やベトナム刺繍の雑貨が使われていました。

ホールの片隅に、ベトナムと言えば、バイク。とクリスマスツリー。
せっかくの一番大きなお部屋なのに、ぽつんと。

2階は令息のお部屋と夫人の寝室にツリーなどがありました。
ダイニングテーブルのクリスマスセッティングは力が入っていましたが、それ以外は。。。ね。

ベーリングホールのお隣は、エリスマン邸。
フィンランドのクリスマスだそうです。

シンプルなテーブルセッティング。というか、フィンランドの食器メーカーの展示?

現地の家庭のクリスマスディナーのテーブルは、もっとにぎやかでしょうね。

このクリスマスツリーの小さなものを北欧雑貨のお店で見かけました。

2階の展示室には、アルヴァ・アアルトの展示もありました。
このフラワーベースの形をした展示でした。

山手234番館はアルメニア共和国の大使一家のクリスマス。
アルメニア共和国。中東のようです。

一輪挿しをたくさん使ったテーブルセッティングは真似してみたいなと思いました。

アルメニアのお人形?がオーナメント。
ちょっと、無理があるような?

こちらは、ひょうたんのオーナメント。ひょうたんもアルメニアの特産物なのかな?

今年は、各国のクリスマス文化の紹介というより、物産の紹介?

港の見える丘公園内にある横浜市イギリス館。

イギリス館というだけあって、さすがに毎年イギリスに因んだ展示です。

パイナップルにびっくり。
アップルもある。
ペンは?

そして、メインの食器は中国風。
素敵な食器だけど、なぜに中国風?

う~ん。いつもはゴージャスなんですが、ちょっと違和感ありましたね。

最後は、山手111番館。
スウェーデンのクリスマスです。
これはもしやエリスマン邸のフィンランドと一緒の雰囲気?

こちらのテーブルセッティングはオーソドックスだけど、クリスマスらしくて好みです。

ダーラナホースのオーナメント。
こんな飾り方はかわいいな。

が、やっぱり北欧雑貨のお店みたい(^^;)

今年は、何かあったのでしょうかね?
去年とかは、とてもゴージャスでしたのに。。。

去年のエリスマン邸はこちら
去年の山手234番館はこちら
去年のイギリス館はこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る