金沢の桜 2018 主計町から浅野川・宇多須神社

  • 2018/4/15
  • 金沢の桜 2018 主計町から浅野川・宇多須神社 はコメントを受け付けていません。

金沢に12時前に到着し、金沢茶屋でのど黒膳を食べ兼六園・金沢城の桜を見に行って、そのまま歩いて浅野川の桜を見に行くことにしました。

途中で、海外からの観光客の団体を見かけ、何を見に行っているのか、思わずついていくと。

彦三緑地という公園?を見学していました。

敷地内には、つつじと牡丹が植えられていて、後で調べると、加賀藩士屋敷内のつつじの名木を残そうと、開園されたそうです。

敷地の真ん中には巨木も。

緑地を出て、浅野川方面に降りていくと、中の橋に出ます。
茶屋街と桜。

新しい建物のようですが、お茶屋らしい風情に桜がよくあいます。

浅野川大橋にやってきました。

満開です。
河川敷に降りてみます。


こちらの橋は、梅の橋。
川岸にあがると、徳田秋聲記念館があります。

やっぱり、独特の街並みですよね。

ひがし茶屋街を横目に見て、宇多須神社に先にお参りします。

こちらも桜の名所で、満開でした。

欧米、アジアからの観光客もたくさんお参りされていました。

相方が「あっ~!」というので、振り返ったら、忍者がいました!

急いで、スマホで調べたら、境内に3体忍者が潜んでいるとのこと。
2体目↑まではわかったのですが、3体目は見つけられず。
御朱印をいただいたのに、聞くことも(ちょっと恥ずかしくて)できませんでした。

3体目が本当にいるのか、真偽のほどはわからないだけに、今回印象に残った場所になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る