熱海ふふ 大浴場 夕食は日本料理 伊勢海老の天ぷら

  • 2018/2/28
  • 熱海ふふ 大浴場 夕食は日本料理 伊勢海老の天ぷら はコメントを受け付けていません。

夕食前に大浴場へ行ってみました。
翠松園では、お部屋から大浴場が遠かったので行きませんでしたが、ふふは敷地がこじんまりしていて、大浴場も遠くないのはよかったです。

ですが、各お部屋に露天風呂がついているので、大浴場は手狭。
洗い場も3つで内風呂・露天風呂とも小さいです。

ただ、大浴場の待合室的な?休憩所には冷蔵庫があって、飲み物・アイスがフリーなのです。
アイスはほんの一口サイズのシャーベット。
ジュースを凍らせてシャーベットにしたようなもので、ちょっと拍子抜けですが。

さて、本題の夕食です。

まず、日本食の場合、食事場所は当たりはずれがあるかもしれません。
今回のお席はう~んといった感じ。ロビー近くで、ここで食事?というようなテーブル席でした。
まぁ、周囲の席とは離れているので、静かに食事はできました。

プレミアムメンバー特典でロゼのシャンパンがサーブされます。
特典だからと期待していなかったのですが、結構お高いロゼ。お味も結構でした。

そして前菜。これと、シャンパンだけで満足してしまいそうです。

温かいものからどうぞと勧められ、まずは「ごぼうの茶碗蒸し」。ごぼうの味が濃いです。

左から「海老芋のチーズ射こみ おかき揚げ 柚子味噌」、「唐墨おこわ」、「豆腐の味噌漬け いぶりがっこ」

唐墨、おいしかった。


左は「葱のムース 茸ソース」、右は「蛤のマリネ」。
蛤、おいしい。

同じく左から「菜花と帆立の梅ジュレ」、「新取菜と鴨の煮浸し」。

お椀は「鰤と揚げ丸大根 金時人参 蕪の芽 辛子 柚子」
お出汁の味がきまってます。

続いて、お造り。まずは鮪から。
手前右は白ポン酢で、小さな入れ物に入っているのは、海苔のジュレみたいなもの。

寒八と羽太(ハタ)。
何をどれにつけて食べるかは、おすすめを教えてくれました。

ここで、また特典の伊勢海老の天ぷら。
半身ほどですが、熱々でおいしかった。

焼物。「地金目の若狭焼き 安肝ソース ほうれん草 ホワイトセロリ 香味山葵 長芋の唐揚げ」
悪くないけど、金目鯛は煮つけが食べたいな。。。

強肴。「黒毛和牛のみぞれ鍋 厚揚げ 下仁田葱 水菜 針柚子 黒七味」
これが一番おいしかったです。
牛肉が柔らかく、出汁がおいしい。出汁は残さずいただきました。

お食事セット。ご飯は「鰆の照り焼き釜炊きご飯 黄身とろろポン酢」
鰆の骨を使った出汁でご飯を炊いて、炊きあがりに鰆の照り焼きを混ぜ込んで蒸らすそうです。
照り焼き味ですから、おいしくないわけはないですよね(^^;)

最後にデザート。「ル・レクチェ 柿 苺 林檎ジュレ 柚子シャーベット」

「抹茶ムース 白玉 小豆 黒蜜掛け」
コーヒー飲みたいな。。と思ったのですが、お部屋に帰ればネスプレッソ飲み放題だし。ということで、お部屋にそそくさと帰って、コーヒー飲みました。

お食事、これはすごい!という食材はないものの、手は込んでいるのでおいしいです。が、翠松園の方がおいしく感じたかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る