式年遷宮の伊勢神宮と熊野三山詣で ⑧熊野那智大社と青岸渡寺と那智の滝 2013年8月

  • 2013/9/9
  • 式年遷宮の伊勢神宮と熊野三山詣で ⑧熊野那智大社と青岸渡寺と那智の滝 2013年8月 はコメントを受け付けていません。

熊野速玉大社を後にして、またまた山の中を進み、今度は熊野那智大社と青岸渡寺・那智の滝に向かいます。こちらも、個人旅行であれば熊野交通の路線バスや定期観光バスでいけるようです。クラツー号は、那智山観光センターそばのお土産屋さんの駐車場に入り、ここから参道である階段を上っていきます。

146

ここから四百数十段ある階段を登るんですよ~と、ガイドさんに励まされながら、登っていきます。休みなく階段が続くわけではなく、途中平坦な部分もあるので、皆さん快調に登っていきます。

147

こちらは、那智大社の一の鳥居。まだまだ階段が続きます。

151

そして、二の鳥居です。こちらの階段が一番急でした。

158

こちらが拝殿です。那智大社は、古くは那智の大滝をご神体として大巳貴命(おおくにぬしのみこと)をおまつりし、また、親神である夫須美神(いざなみのみこと)をおまつりしていたとのことですが、現在は、那智の大滝そばの飛瀧神社にて大巳貴命をお祭りし、 那智大社では夫須美神を主祭神とされているとのことです。

159

垣根の向こうに八社殿があるそうです。手前に八咫烏の像があります。日本神話において、八咫烏は、神武天皇の日本統一の際に熊野から大和の橿原まで案内したという故事があり、熊野三山では導きの神として信仰されているとのことです。

157

三社ではそれぞれに違うデザインの八咫烏が意匠されており、こちらの宝物殿では、このような八咫烏の扉になっています。また有名なところでは、日本サッカー協会のシンボルマークとなっていて、日本代表のユニフォームには八咫烏をデザインしたエンブレムがついています。これは、日本に近代サッカーを初めて紹介した中村覚之助という方の出身が那智勝浦市であることからといわれているそうです。

156

このほかにも、平重盛の手植えとの謂れの大きな樟などがあります。この木の向こうに行くと、

161

すぐ隣に、青岸渡寺があります。天台宗のお寺で、西国三十三所の第一番札所とのこと。こちらは本堂です。境内には、有名な景観があります。

165

青岸渡寺というと、ポスターによく使われるのが、この三重塔と那智の滝が一緒に入った景観だと思います。那智の滝も水量が少なく、少々迫力に欠けますが、とても美しい風景です。

170

熊野古道に通じる口もありました。続いて、那智の滝にお参りします。

次の記事 → ⑨那智の滝参拝と大門坂を散策

■式年遷宮の伊勢神宮と熊野三山詣で 記事一覧

・旅行計画

・①伊勢神宮・外宮

・②伊勢神宮・内宮

・③おはらい町で赤福氷を食べました

・④伊勢志摩ロイヤルホテルの夕食バイキング

・⑤巨巌そのものがご神体 花窟(はなのいわや)神社

・⑥瀞峡でジェット船観光

・⑦熊野速玉大社参拝

・⑧熊野那智大社と青岸渡寺と那智の滝 ←今ココ

・⑨那智の滝参拝と大門坂を散策

・⑩ホテル浦島に宿泊!

・⑪熊野本宮大社参拝と熊野古道を歩くプラン

・⑫谷瀬のつり橋

・⑬高野山・奥の院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る